スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この世界の片隅に」進行状況(3月29日現在)

週末を使ってすずさんの素体と屋根瓦の原型とシリコン型を製作。

素体と瓦

単行本下巻の表紙に「平凡倶楽部」第7回の、作文用紙がだんだん屋根瓦になっていくというネタを組み合わせたものを作る予定。向かって右下側に作文用紙のマスを残して、クリアパーツで成形した右手がフェードしていく感じにしたい。

屋根瓦は今のままだと一枚づつしか抜けなくてラチがあかないので、今週中にある程度大きなブロックに組み合わせて再度型を取り直さねば。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア制作
ジャンル : サブカル

ブルース進行状況(3月29日現在)

マフラー表面の成形完了。

シールドは1/144ゲルググを芯に、ポリパテで曲率をきつめに成形。

おおまかな部品は出揃ったので、一旦作業を停止して遅れている他の2作に作業を移行。

隙をみてブレイクマンの頭を作らねば。

ブルース部品

テーマ : フィギュア制作
ジャンル : サブカル

【製作過程】ブルース(20100302)

ブルース製作記その1。

20100302

手が入っちゃってるのはご愛嬌w

前回のロックマンとカットマンを基準に製作できるので、前回とは比較にならないほどサクサクと作業が進む。
大きさの基準に出来るものがあるとやはり楽ですねw
2月15日あたりから作業を開始して2週間でここまできたのでまずまずのスピードかなと。

マフラーは、コピー用紙を適当に折り曲げて形を作ったものにレジンを数回染み込ませて成形しました。
まず、1回目はシャバシャバのレジンを染み込ませ硬化させ、2回目以降は硬化直前の粘度が上がった状態のものを一瞬のタイミングで「エイヤっ」っとぶっ掛けて肉厚を付けています。その後、溶きポリパテを塗って表面を整えています。

やっている途中で、アルミホイルとポリパテで作ったほうが早いかなとも思いましたが、薄物部品なのでポリパテだと最終的に割れ・欠けで泣きを見そうだったので見送りました。みなさん、そのへんどうしているのでしょうか?


現時点でほぼパーツはそろっているので、細部のディティール詰めが今後の作業の中心。

あとはコンパチ用のブレイクマンの頭部とシールドを持たせられる握り手を製作せねば。

テーマ : フィギュア制作
ジャンル : サブカル

ワンダーフェスティバル2010夏 コミットメント

ワンダーフェスティバル2010夏参加予定です。

予定ラインナップは以下の通り。

・【再版】ロックマン(ロックマン)
・【再版】カットマン(ロックマン)
・【新作】ブルース(ロックマン3)
・【新作】ロックマンよ永遠に(ロックマン2)
・【新作】この世界の片隅に(この世界の片隅に-下巻)

konosekai
終戦記念日も近いので、裏テーマは「終戦」で。

上手くいったら来年の夏は「夕凪の街」にもチャレンジしたい。

テーマ : フィギュア制作
ジャンル : サブカル

コミック新刊

2月27日購入のコミックを読了。以下7冊。

・ロックマンギガミックス (2) (BN COMICS) 有賀 ヒトシ
・センセイの鞄 2 (アクションコミックス) 画・谷口 ジロー 作・川上 弘美
・新装版 欅の木 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) 内海 隆一郎 谷口 ジロー
・野武士のグルメ (単行本) 久住 昌之 (著)
・鈴木先生 9 (アクションコミックス) 武富 健治
・掃除当番 ― 武富健治作品集 武富 健治
・アニメ店長 4 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) 島本 和彦
2月27日購入

・ロックマンギガミックス (2)
相変わらず有賀先生の仕事がイチイチ素晴らしい。シリーズ完結編ということでキャラクター総登場の最終決戦の序章となっており、当然見せ場たっぷりなのですが、今回の目玉はなんといってもDrワイリーの漢っぷり。

「思い出せライト!!ワシらがなんでただの機械にすぎなかったロボットに"心"を持たせたかを!!」
DSCF1337.jpg

シリーズの根幹に流れる「ロボットの人権」について、まさかワイリーから語られるとは!しかし、ワイリー以上にこれを語るに説得力のあるキャラクターはいないでしょう。現在の世界の在り方を良しとせず、自分の理想を諦めることなく叩き付け続けたワイリーの行動原理がこの台詞に凝縮されていると感じました。

・センセイの鞄2、欅の木
「孤独のグルメ」以来、すっかり谷口ジローの描く「空気感」の虜になっています。なんというか、谷口ジロー作品からは、その場の「匂い」が感じられるのがたまらなく好きなのです。曰く、季節の匂いだったり、人ごみの匂いだったり、食べ物の匂いだったり・・・

センセイの鞄1巻で感じられた匂いの種類は、センセイとツキコさんが存在するシチュエーションが放つ匂いでしたが、今回の2巻では、二人の距離が近づいていくにつれ、「人間の匂い」がどんどん濃厚になっていくのを感じます。
欅の木も、短い中に人間同士の「匂い」をぎゅっとつめこんだものになっています。

どちらも人と人のつながりとは素晴らしいな、と掛け値なしに思わせてくれる作品でした。

鈴木先生 9 、掃除当番
今まで鈴木裁判やクラス討議などのきっついネタが続いてきた中、今回の生徒会選挙は、生徒たちの成長が素直に感じ取ることができた物語だった。危険分子となりそうだった生徒の西も、非常にまっとうな(?)キャラクターでひと安心。

しかし足子先生が相変わらずおっかない;

10巻で描かれる文化祭は足子先生絡みできっつい話になるのは必死か。

掃除当番は「マンボウ」の短編が、いい感じにきっつくて◎
思い込みは恐ろしい。

アニメ店長 4
あいかわずの島本節が心地よいw
社長のアニメイト創生期の話が普通にイイ話で「炎の言霊分」をイイ感じに摂取できました。

野武士のグルメは通勤中にゆっくり読もう。

投稿一発目

投稿テスト。

ガレージキット原型製作の過程、コミックの感想を中心にお送りする予定です。

3日坊主にならぬように!<自分

プロフィール

帰ってきたギャリア

Author:帰ってきたギャリア
アマチュアガレージキットディーラー「Planeswalker」のへっぽこ運営者のブログです。

年2回のワンダーフェスティバルに出没しています。

主にロックマンのボスキャラをちみちみ立体化しています。
ネタ選びはランダムなので、リクエストがあればお気軽にお問い合わせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。