スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドブネズミみたいに美しくなりたい

一度書いた日記がバックスペース一発で消し飛びました。

本日同じ事を書くの二度目ですこんばんわ。(TT)

さて、次回の新作の試作として、「ロックマンワールド3」よりパンクに手を付けてみました。
ざっくりパンク

余ったシャドーマンの部品にスカを盛り付けて一丁上がり。こういうときグレスカは超便利♪
胴体のエッジが立ってないのでちょっとトードマンぽくもある。チョイ悪トードマン。
今回はイメージの確認だけなので、これは一旦崩して今後はポリパテ造形で進めていくつもりです。
何故マイクをもっているかはまた今度書きます。

さて、小一時間ほど作業をして窓を開けると一面の銀世界。
雪やばい
なんかちょっと絵面がかまいたちの夜っぽくなくない?

一回目に書いたときは「宇宙ヤバイ」のテンプレいじって「雪ヤバイ」ってのをこさえてたんですがめんどくさいからもうやらないよ!

XR.jpg

たかだか2時間足らずで通勤用のXRちゃんもこの有様。

道もアイスバーンぽいし、明日会社行けるんか!?

がんばれ俺、超頑張れ。

スポンサーサイト

WF2011冬の記憶【ほのぼの編】

こんばんわ、ワンフェス後完全にくたばっていたぎゃりあです。

さて、ワンフェス2011冬おつかれさまでした。
ブースにお越しくださいました皆様、ありがとうございました。
皆様のお言葉から向こう半年分のエネルギーを充電させていただいておりますので、次回もよろしくお願いいたします。
WF2011冬

【街角花便り】
街角花便り1
今回嬉しかったのは、「ぴっぴら帳」「街角花便り(初代)」からの年季の入ったこうふみ先生ファンの方に足を止めていただいたことです。(しかも3名も!)
前回、「この世界~」のすずさんを作ったときも「まさかこの作品を立体化するなんて!」といわれましたが、今回も数名の方から同じお言葉を戴きました^^;
途中、単三電池が手に入ったので、用意していた回転台座に載せ替えてくるくる回して遊んでました。踊ってる感は出てたと思います。

さて、たまたまお越しいただいたふらっと★ぶらっとのぶらっとさんとも話したのですが、私が作品を作る際の原動力は「自分の好きなものの良さを少しでも広めたい」という思いと、「作者様の応援」です。
ワンフェスで展示するということはサンプルが出版社経由で作者サイドにも行くということで、非常にめんどくさいルートのファンレターとして作者さんを応援する手段としてサンプル提出を利用しています^^;

こういう形で応援したい作品(作家さん)はたくさんあるのですが、しばらくはこうふみ先生を全力で応援する形でがんばっていきたいとおもいます。
(候補としては同じ広島出身のあの先生とかあの先生の作品をやってみたいです・・・)

今回の「街角~」、最後の仕上げでつや消しクリアーがまさかのカブリで全体が白っぽくなっちまいました
orz
当然塗りなおしている時間など無く・・・

・・・近いうちに塗りなおします。

【シャドーマン】
シャドーマン
・・・クリヤーがカブりました。

こんなヒドい塗りにも関わらず、シャドーマンをお買い上げいただきましたお客様、本当にありがとうございました!
塗りがこの出来なので売れ行きが心配でしたが、新作のこれが一番最初に売り切れてほっと一安心です。
後日、塗りなおしたものをUpします(と、ブルースの時にも言って塗りなおさなかった前科アリ;)

とりあえず、取り急ぎカラーチャートだけざっくりと。(いずれもMrカラー)
紫:パープル(100%)
間接などのサシ色の紫:パープル+ホワイト少量
腕、肩などの白:ホワイト+黄橙色少量
肌色:キャラクターフレッシュ2+黄橙色少量
タイツの黒:ブラック+パープル+ホワイト(1:1:0.5くらい)
シャドーブレード:シルバー(100%)

今回のロックマン関係の売れ行きを見て、シャドーマンとカットマンは調子よく出て行ったことから、キャラクターの「動き」が重要だな、と痛感しました。
というのも、シャドーとカットに対し、再販のロックとブルースは殆ど出て行きませんでした。コトブキヤさんからキットが発売されたのもあるかもしれませんが、この2体は動きのアピールという点でシャドーマン、カットマンに遅れを取っており、そのことが人気を分けることになったのではないかと感じています。

このことと、最近知った高橋まゆみ~創作人形の世界~を見て、フィギア(に限らず模型全般)とは、その裏側にあるストーリーやキャラクター性を想起させるような作りになっているべきであると痛感しました。

うすうす感づいてはいましたが、自分の作品は、元のイラストをトレースすることに固執しすぎてキャラクターの魅力を伝えることが出来ていなかったのではないかと。
これからは高橋まゆみ先生の造るじっちゃんばっちゃんのようなキャラクター性のにじみ出る作品が作ることを目標に精進していきます。

というわけで、次回ワンフェス2011夏のテーマは「躍動感とキャラクター性」ということでひとつヨロシク。

現在新作候補としては以下の感じで。
・夕凪の街(表紙イラストより)
・エレキマン(現在で完成度4割くらい。多分確定)
・トマホークマン(nの二条通りさんよりリクエストがあったので)
・パンク(ワールド3より。意外とワールド派のお客さんが多かったためと、コレを使ってやりたいネタがあるのです)

とりあえず、今日はここまで。
準備の顛末とか色々ネタになる出来事が今回は多かったので、後日そのあたりは【暗黒面編】で書きます。
プロフィール

帰ってきたギャリア

Author:帰ってきたギャリア
アマチュアガレージキットディーラー「Planeswalker」のへっぽこ運営者のブログです。

年2回のワンダーフェスティバルに出没しています。

主にロックマンのボスキャラをちみちみ立体化しています。
ネタ選びはランダムなので、リクエストがあればお気軽にお問い合わせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。